店舗DX 2024.06.14

飲食店DX

飲食店DXで顧客感動を実現!業務効率化と顧客満足度向上のヒント

近年、IT技術の発展により、様々な業界でDX(デジタルトランスフォーメーション)が注目されています。飲食業界においても、キャッシュレス決済やモバイルオーダーの普及など、DX化の波が押し寄せています。

 

本記事では、生産性向上のために必要不可欠なDXについて、その重要性や飲食店にとってDXを行うことによってどのようなメリットがあるかを詳しく解説していきます。

 

 

DXとは何か?

 

近年、ビジネスシーンにおいて「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉が頻繁に耳に聞こえるようになりました。

DX

DXは、デジタル技術を活用して、ビジネスプロセスやサービスそのもの、そして組織全体を変革することを指します。従来のアナログな業務をデジタル化し、自動化することで、効率化やコスト削減、顧客サービスの向上を実現します。

しかし、DXは単なるITツールの導入やシステム更新ではありません。ビジネスモデルの見直しや顧客体験の改善、さらには組織文化の変革までをも含む、多角的な取り組みが求められます。

経済産業省が示すDXの定義

経済産業省が示した「DX推進指標」では、DXを以下のように定義しています。

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること

【参照】

 

 

顧客感動・感動労働 とは何か?

 

「顧客感動って何?」

 

「顧客満足と顧客感動はどう違う?」

 

顧客感動という言葉は聞き馴染みない方も多いかもしれませんし、聞いたことがあるけど、実際にどういったことなのかイメージができなかったり顧客満足と何が違うのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

 

顧客感動とは、顧客の期待を遥かに超え、顧客を感動させることです。

 

感動労働・顧客感動

 

そしてこの顧客感動を実現することで以下のようなメリットがあります。

 

①顧客のロイヤルティが高まり、企業・店舗の利益に繋がる

 

②競合他社と差別化でき、価格競争から脱却できる

 

また、繋がってくるのが、感動労働です。

 

飲食店の感動労働(感情労働)とは、

 

従業員が顧客に対して高いレベルのサービスを提供することで、顧客に感動を与えることを目指した労働形態を指します。

聞き馴染みのある言葉を使うと、”ホスピタリティ” や おもてなし” です。

代表例は以下のような取り組みになります。

 

常連さんの名前や好みを覚える

名前やいつも頼むメニューを覚えて、お客様に特別感を感じてもらう接客

お客様に合わせた商品説明

お酒の銘柄や、それに合わせたおすすめ料理の紹介

サービス品質の向上

サービング時の料理の説明やカットなどのパフォーマンスなど

 

感動労働は、顧客満足度やリピート率の向上はもちろん、従業員のモチベーションアップや勤続年数の向上など、様々なメリットをもたらします。

しかし、現状の多くの飲食店では、注文や配膳、会計対応など肉体的な負担が大きく、感動労働に注力できる時間と余裕がありません。そこで、DX(デジタルトランスフォーメーション)の導入が鍵となります

 

食業界の未来を切り拓く:飲食店のDXとは何か?

 

飲食DX

 

飲食店DXとは、デジタル技術を活用して、お店全体の運営やサービスをより良くしていく取り組みです。

 

具体的には、

 

  • 注文を取りに行く業務
  • 会計業務
  • 食材の発注業務
  • 予約の業務
  • 配膳業務など

 

これまで従業員が行ってきた業務をITツールで効率化することができます。

 

飲食店DXの現状:ITサービス導入率は9割超え

 

飲食店ドットコムが行った調査によると、約9割の飲食店が何らかのITサービスを導入していることがわかりました。中でも、キャッシュレス決済システムが最も普及しており、次いで多機能型POSレジが人気です。

飲食店をDXする取り組みによって、

顧客満足度の向上

効率的な運営

競争力

を高めることができます。

【参照】

 

 

スマホで注文受取が完結◎モバイルオーダーのメリットとは?

近年、飲食業界において、モバイルオーダーが注目を集めています。これは、スマートフォンなどの端末を使って、お店に並ばずにメニューを注文・決済できるシステムです。モバイルオーダーを導入することで、ホールスタッフの人手を減らすことができたという事例もあります。省力化することで、感動労働に時間を割くことができます。

モバイルオーダー

お客様側のメリット

  • 待ち時間が減る
  • 好きなタイミングで注文ができる
  • 画像や説明付きのメニューが見れる

人手不足解消、感動サービス創造へ!お店側のメリット

 

  • 人手不足をカバーできる
  • オーダーの確認やレジ打ちの業務をなくすことができる

飲食店DXの必須ツール!POSレジ導入のメリットとは?

飲食店DXにおいて最も重要なのはPOSレジの導入です。POSレジは、単なる会計システムではなく、様々なメリットをもたらしてくれる強力なツールです。

POSレジ スマレジ

売上管理の改善

POSレジは、売上情報をリアルタイムに把握できます。売上の推移や売上品目の傾向などを分析し、原価コントロールや売上の最適化、キャンペーンの効果測定などに役立てることができ、より効率的で収益性の高い経営を実現することができます。

顧客情報の管理

POSレジを導入することで、顧客情報を一元管理することができます。また、売上データを収集し、顧客一人ひとりに合わせたサービス提供に役立てることができます。

在庫管理の改善

POSレジは、販売された商品のデータをリアルタイムで記録します。これにより、在庫のデータも蓄積されるため、食材の自動発注にも連動させて使うことができ、フードロスの削減を実現できます。

人的ミスの軽減

従来の手作業によるレジ打ちでは、入力ミスや計算違いなどによるトラブルがつきものでした。しかし、POSレジを導入することで、自動化による精算処理の精度向上が期待できます。バーコードスキャンによる商品認識や自動計算機能により、人為的ミスを大幅に削減し、確実かつ迅速な会計処理を実現します。

POSレジは、単なる会計システムではなく、飲食店経営を様々な面からサポートする強力なツールです。導入することで、スピーディーなデータ連携をはじめ、在庫管理の効率化、売上分析による戦略策定ができるようになるので、フードロス問題の解消にも繋がります。

 

飲食店のDXを進めるには「スマホスタッフDXシリーズ」がおすすめ

 

 

 

スマホスタッフDX シリーズは、「お客様のスマホがもう一人のスタッフ」というコンセプトのもと、5人の専門スマホスタッフがそれぞれの得意ポジションで大活躍。
オペレーションの見直し、効率的な店舗運営、データ集積などにおいて、サポートが可能です。

 

スタッフの皆様が本来すべき”おもてなし”業務に本領発揮でき、店舗運営に役立つDXや働き方改革にもつながります。

 

 

スマホスタッフの中でも、モバイルオーダーは「いつでも注文くん」です

 

モバイルオーダーいつでも注文くん

 

おすすめポイントは以下の通りです。

 

高機能、多機能、痒いところに手が届く自動化機能

 

・いろんなお客様や、いろんな店舗に合わせてマッチできる4つの注文方法をご用意。多言語対応やスタッフさんのハンディ注文など組み合わせ利用することが可能です。

 

・写真と金額、説明文だけの無機質な注文画面のものが多い中、それとは一線を画すために、動画を載せてリッチな表現ができたり、店舗独自の趣向を凝らしたものにすることができます。

 

・スタッフさんにはおもてなしに集中してほしいので、自動化できるところは自動化して、スタッフさんは手間が極力かからないようにしています。

 

教育コスト削減離職率低下につながる便利機能も搭載

今、話題のタイミーなどのスポットワーカーの方や未経験の方もすぐに安心して働ける環境を実現できます。

教育コストはいくら掛かっているのかは、なかなか見えにくいですが、教育コストを下げることは実は大きい意味があると考えます。

教える側の負担も減り、双方の離職率低下につながります。

 

繋がりも情報もLINEを活用して効果最大化

 

・LINEミニアプリを使った注文システムなので、お客様はインストールなど面倒な操作不要でQRコードを読み込んですぐに注文可能

 

・QRを読み込んだらお店のLINE公式アカウントに友だち追加され、来店経験のある顧客リストが自動で集まってきます。

 

・お客様一人一人のLINEのIDに基づく注文履歴や来店履歴を集積→活用

LINEヤフー社の認定パッケージで安心

 

いつでも注文くん LINE認定パッケージ

 

・LINEヤフー社の認定パッケージとして認定

 

・様々な店舗様での導入事例あり

 

サービスを自由に組み合わせることができる

 

スマホスタッフDXシリーズには、モバイルオーダーだけではなく、モバイルオーダーと連携できる、順番待ちの受付から呼び出しを全自動で行う、「順番待ち子ちゃん」、リピーターがどんどん増えるデジタル会員証システム「常連くるみちゃん」、店舗外の収益源を生み出す、テイクアウト・デリバリーの「どこでも注文くんと個性豊かなスマホスタッフがいます。

 

それぞれ単体でも十分にご利用いただけますが、全てシームレスに連携することができますので、自由に組み合わせて利用したり、オールインワンパッケージでご利用いただくことでよりお得に、より便利に活用いただけます。

 

まとめ

これからの飲食店は、DXが必要不可欠です。

食材の発注は自動で、注文はセルフオーダー、データはPOS、で、CRMも自動配信機能等を利用して感動労働に力を注いでいくことが大切です。自動化できる業務と、人にしかできない仕事を適切に切り分けてよりよいお店作りを目指していきましょう。

閲覧ランキング

LINE Technology Partoner LINE Technology Partoner Advanced
株式会社チューズモンスターは、
LINE株式会社のテクノロジーパートナーに認定されております。

CONTACT

お問い合わせ

各種サービスについてのご質問、取材依頼、代理店募集等、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから